知ってトラブル回避!外壁塗装の費用と相場

外壁塗装の相場

https://www.eyoc2017.com/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

外壁塗装の費用や相場てどれくらいなんでしょうか?


https://www.eyoc2017.com/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

それでは外壁塗装の相場や費用を説明します。

外壁塗装の必要性はわかったものの、具体的な費用や相場について
知りたいと考えている人もいると思います。
リフォームと言うと高額なお金がかかるものだと躊躇してしまっている人もいるかもしれません。
外壁塗装でも範囲や建物の種類によっても異なります。外壁塗装の費用や相場について解説します。

外壁塗装の費用の相場とは

外壁塗装の費用

外壁塗装の費用については、主に「劣化の度合い」「塗料の種類」
「塗装面積」などによって異なります。
目安として、一般的な戸建て(2階建て)住宅の場合で80万円以上の費用はかかると
想定しておく必要があります。
なかには100万円以上かかることも頭に入れておかなくてはいけません。

塗料代

外壁塗装を業者の人に依頼した場合、この塗料などでかかる費用を「塗料代」とします。
例えばアクリルを使うのか、ウレタン、シリコンなどによっても金額が変わりますし、
フッ素やピュアアクリルなどの耐久年数の高いものになると、その分費用が高額になります。

一番手頃な外壁塗装は、アクリルになりますが、その分、耐久年数が短く、
長くても5年程度だと言われています。
1缶5,000円~外壁塗装ができます。
耐久性の高いピュアアクリルになると、1缶50,000円~となり、質によっても違います。
ただし耐久性は15年と、通常のアクリルと比較しても、格段に耐久性に優れているのです。

足場代

外壁塗装の費用には、足場代も含まれます。
足場を組み、最後に解体するまでの費用です。
足場の材料費や、運搬費用、施工費なども含みます。
足場代の費用相場を出すためには「足場架面積=「家の外周+8m」×高さ」で算出できます。

足場を作るときは家に完全にぴったりで作るのではなく、少し離れた場所にて設置します。
足場は必ず必要になるため、まずはかけるための面積がどのぐらいになるのかを計算して相場を出します。
足場代は600円前後(㎡)になり、飛散防止ネット代もかかります。

埼玉の足場なら中村工業

人件費

外壁塗装で必ずかかる費用に人件費もあります。
塗装職人さんが工事をするために必要な費用になり、ここは節約できない部分です。
外壁塗装一つにしても、経験豊富な職人さんと、新人さんでは仕上がりが全く違います。
同じ塗料を使っても、職人さんの腕によって外壁塗装の仕上がりが全く違うので、
信頼できる業者を利用するようにしましょう。

他にも、仕上げの高圧洗浄代や、養生代、シーリング代などの費用はもちろん、
廃棄が出たときの処分費用などもかかります。
外壁塗装の費用については、業者で見積もりを出してもらうときに、
できるだけ詳細に提示してくれるころを選ぶようにしてくださいね。

外壁塗装に屋根も含まれるときは?

外壁塗装をするときに、屋根の塗装も一緒に行う場合があります。
というのも、いずれにしても足場代がかかってしまうので、
同じタイミングで施工したほうが、費用を抑えることにも繋がります。

そのため外壁塗装と一緒に屋根塗装も一緒に施工するケースは珍しくありません。
屋根塗装は、外壁塗装に30万円~40万円がプラスになります。
もともとの坪数はもちろん、屋根の大きさによっても違います。

外壁塗装と合わせると120万円~140万円前後の費用がかかると考えておいてください。
まとまったお金が用意できるのであれば、一緒に塗装してしまったほうがお得です。

まとめ

外壁塗装の費用や相場を事前に把握しておくことはとても重要です。
業者から提示された見積もりが本当にお得なのかどうかを判断するためにも、
外壁塗装を行う範囲の相場を事前に把握しておくようにしてくださいね。
外壁塗装の見積書の表記は業者によっても違います。
そのため、この費用はどの部分にかかる費用なのかも確認するようにして、
事前に疑問を残さないようにしておきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA